楽しい英語コラム

英語教室にかかる費用

英語教室にかかる費用

少子化社会が一向に改善しないのは、子どもを育てる教育費や習い事に莫大な費用がかかることも理由の一つ。就学前の小さな子どもに大人気の英語教室も、スクールやプログラムの内容によってはけっこうな費用がかかるケースも少なくありません。 英語教室にかかる費用は、グループレッスンかプライベートレッスンかによって…

子ども英会話が人気の理由

子ども英会話が人気の理由

英語とは特別な能力ではなく、他人とコミュニケーションを取るための手段。日本で生まれ育った子どもが1歳でも2歳でも上手に日本語を話せるのは、それがその子にとってコミュニケーションを取るために必要な手段だからです。 「英語」と構えることなく、より自然なスタンスで英会話を楽しむためには、子どもの脳の中で言…

子ども英語はいつから始める?

子ども英語はいつから始める?

社会がどんどんグローバル化している昨今、世界共通語とも言われている英語のニーズも高くなっています。昭和の頃には、中学生になって初めてアルファベットという英語に触れるというのが一般的でしたが、最近では小学校に上がる前の小さな子どもでも、英会話教室に通っている子どもがいたりしますよね? 「できるなら早く…

ほめる教育のポイント

ほめる教育のポイント

子供の力を伸ばすためには、褒める教育が大事です。さまざまな育児書でも、「お子さんをできるだけ褒めてあげて下さい」とか「褒めることで良い力が育ちます」といった言葉が語られています。しかし、実際にお子さんを育てている保護者の方には、「どうやって褒めるのが正しいのかわからない…」と悩むケースも多いのです。…

3歳までの教育が決め手

3歳までの教育が決め手

「三つ子の魂百まで」ということわざがあります。「幼いころの性格が年齢を重ねても変わらない」という意味の言葉ですが、これは教育にも当てはまる言葉なのです。ものを考える力や分析する力は、脳の働きによって異なります。脳がパワフルに働いている子供は、勉強のレベルが上がっても、しっかりついていくことができます…

早期教育のメリットとデメリット

早期教育のメリットとデメリット

早期教育とは、一般的に適しているとされる年齢よりも早く、音楽・外国語・スポーツなどの教育をスタートすることです。幼児期に学習させることが果たしていいのか悪いのか、悩む方も少なくありません。色々な情報にまどわされて、自分の意見が持てなくなっているケースも見かけます。早期教育に限ったことではありませんが…

年齢別の英語教育

年齢別の英語教育

英語教育を早くスタートしたい!と考える保護者の方が増えています。英語を操ることができれば、お子さんの将来の選択肢はかなり広がります。英語は世界でもっとも使われている言語ですから、大人になってから海外で働くことも可能になります。また、日本で仕事を探す場合にも、外国語を習得していることは大きなアピールポ…

小学校の英語必修化

小学校の英語必修化

小学校の5年生と6年生における英語必修化が、2011年にスタートしました。早くも英語必修化は定着し、文部科学省では小学校低学年から英語教育を始めることも検討しています。2013年度には英語教育の実施学年や指導方法について研究するために、2500万円の予算を計上するほどの熱の入れようです。小学校低学年…

習い事のポイント

習い事のポイント

子供の習い事はすでに一般化しており、何も習い事をしていない子供のほうが珍しくなっています。男の子の場合はサッカー、女の子の場合はピアノが特に人気です。そのほか、性別を問わずに英語、楽器なども人気です。また、学習塾も根強い人気を誇っています。さらに、礼儀作法が身に付くとして、習字の教室に通わせるケース…

英語は継続が大事

英語は継続が大事

子供の英語教育を真剣に考えるなら、継続するのが大事ということを覚えておきましょう。英語の早期教育をスタートする保護者の方も多いのですが、早く始めればいいというものではありません。早く始めても、続けていないと意味がないのです。子供の脳は吸収力が素晴らしいのですが、それだけに覚えたものを忘れるのもあっと…