3歳までの教育が決め手

3歳までの教育が決め手

「三つ子の魂百まで」ということわざがあります。「幼いころの性格が年齢を重ねても変わらない」という意味の言葉ですが、これは教育にも当てはまる言葉なのです。ものを考える力や分析する力は、脳の働きによって異なります。脳がパワフルに働いている子供は、勉強のレベルが上がっても、しっかりついていくことができます。基礎問題はできるけど、応用問題はできない、ということがありません。また、脳がパワフルに働いている子供は、創造力も豊かな傾向があります。

脳の働きは、外からの刺激で活性化することが可能です。そして、脳の働きは、3歳くらいまで伸びる力が決まってしまいます。ですから、3歳までの教育が非常に大事なのです。3歳までにできるだけ脳を刺激してあげれば、その後の学習能力にも違いが出てきます。「両親の学歴が低いから、この子にもあまり期待はできないかな…」という考えは間違っています。子供の学力は、遺伝で決まるものではありません。環境次第で、いくらでも伸ばしてあげることが可能なのです。

子供の言語能力も、3歳までに決まると言われています。ですから、子供の言語能力を伸ばしたいと考えているなら、早期教育をぜひ行いましょう。特に、英語を学ばせたいと思っているなら、できるだけ早い時期に英語に触れさせることが大事です。まだ日本語も話せないのに…なんてのんびり考えていると、ぜっかくの言語学習のベストタイミングを伸ばしてしまいますよ。

 

コミュニティー英会話の英会話教室では子ども英語、英会話を楽しく学べることができます。
静岡県富士市の子ども英語、英会話教室の【コミュニティー英会話】

Leave a Reply