早期教育のメリットとデメリット

早期教育のメリットとデメリット

早期教育とは、一般的に適しているとされる年齢よりも早く、音楽・外国語・スポーツなどの教育をスタートすることです。幼児期に学習させることが果たしていいのか悪いのか、悩む方も少なくありません。色々な情報にまどわされて、自分の意見が持てなくなっているケースも見かけます。早期教育に限ったことではありませんが、何事にもいい面と悪い面とがあります。ここでは、英語の早期教育を行うことに関するメリットとデメリットについて考えてみましょう。

早期教育のメリットは、脳が柔軟で吸収力が早い時に、刺激を与えることができる点です。乳幼児の脳は、大人が考えている以上に高い能力を持っています。話したり書いたりすることができなくても、さまざまなことを理解しているのです。0歳から3歳までは右脳が特に活性化しています。右脳は瞬間暗記の能力をつかさどっていますので、英語に慣れる絶好の時期だと言えます。言語に関する能力は左脳がつかさどっていますが、右脳を活性化することで、左脳もさらに活性化するメリットがあります。

早期教育のデメリットは、子供の意思よりも保護者の意思が強く出てしまうことです。幼いこともはまだ反対意見を言えませんので、場合によっては押し付けになってしまうケースもあります。教育をおそろかにしてはいけません。しかし、幼児期には身体を動かすことや想像力を伸ばすことも大事です。英語の早期教育を行う上では、バランスの良い教育を心がけることが大事です。

 

コミュニティー英会話の英会話教室では子ども英語、英会話を楽しく学べることができます。
静岡県富士市の子ども英語、英会話教室の【コミュニティー英会話】

Leave a Reply