子ども英語とネイティブ

子ども英語とネイティブ

「子ども英語教室の先生は、絶対にネイティブでなくちゃ!」という保護者の方がいらっしゃいます。確かにネイティブの先生であれば、きちんとした発音を学ばせることができます。幼児の吸収力は驚くほどで、耳でとらえた発音を再現しやすいからです。ただし、よほど日常生活で英語を使わない限り、ネイティブ並みの発音を身に付けることは難しいでしょう。とは言え、幼児の頃から外国の人に親しむ機会があるのは良いことです。異文化コミュニケーション能力を育てるのにも非常に役立ちます。

反対に、「子ども英語教室の先生は、ネイティブよりもむしろ日本人がいい」という保護者の方もいらっしゃいます。日本人のスタッフであれば、細かいところまでしっかりと説明することができるからです。教わっている途中でわからなくなった場合でも、日本人の先生であれば質問しやすいでしょう。ただし、その分甘えが出るかもしれません。授業中につい日本語を使ってしまう点がデメリットと言えるでしょう。

結論から言えば、子ども英語教室の先生はネイティブでも日本人でもいいのです。それぞれにメリットとデメリットがあります。注意したいのは、子どもとの相性の良さです。「この先生だったら習いたい!」と思えるようでなくては、学ぶことが長続きしません。幼いうちの外国語は、楽しく遊ぶ感覚で学ぶのが一番です。そのため、先生の好き嫌いが鍵を握ります。通う教室を選ぶ時には、できるだけたくさん見学をして、良い先生を見つけるようにしましょう。

 

コミュニティー英会話の英会話教室では子ども英語、英会話を楽しく学べることができます。
静岡県富士市の子ども英語、英会話教室の【コミュニティー英会話】

Leave a Reply