子ども英会話教室体験レポート


未来の国際人をウミダス!コミュニティ-英会話さん「トドラークラブ」の秘密に迫る!!
母力向上委員会編集部&マーケティング部が体験取材!!

小学校の英語授業必修化や、大手企業が社内公用語を英語にするなど、これからの時代を生きるわが子のために、お母さん達がやっぱり気になる「子どもの英会話」。
でも、「何歳から始めたらいいの?」・「うちの子ついていけるかしら?」など、不安や悩みが多いのが習い事選び。
そんなお母さん達の不安や疑問を解決するべく、富士市の英会話スクール「コミュニティー英会話」さんの1~3歳児向け教室「トドラークラブ」に直撃取材をしてきました!
執筆者:塩川 祐子(母力向上委員会 代表)

3歳までに英語のシャワーを!

まず私たちの疑問ににっこり笑顔で答えて下さったのは、代表の長澤希施先生。

1ページ目1
---そもそもトドラーってどういう意味なんでしょうか?

長澤:トドラーとは、洋服のサイズでもあるように、よちよち歩きを始めた頃から未就園の子どもくらいの事を言います。
コミュニティ-英会話ではこのトドラークラブとして、親子で参加いただきます、1歳児クラス・23歳児クラスの2つを展開しております。

1ページ目2

実は以前にもトドラークラスを一度取材したことがある私。そのとき一番印象に残った疑問を伺ってみました。

---実は以前の取材でとても驚いたんですが、こんなに小さな子ども達に、大人でも聞き取れないようなスピードの英語の声掛けはわかるんですか?効果はあるんでしょうか?

長澤:そう、私たちはなるべく本物の英語に近いものを子ども達の耳に届けるようにしています。3歳までに耳が完成されると言いますから、それまでにできるだけたくさんの言葉のシャワーを注いであげるんです。それぞれの子ども達に、言葉を覚えるためのコップがあるとするでしょ?そのコップにたくさん言葉を入れてあげるんです。そうすると、コップが満たされて溢れだした時に子ども達は話し始めるんですよ。これは日本語も英語も一緒。音としてこの時期の子ども達の中に取り込むことに意味があるんですよ。

コミュニティ-英会話では、子ども達がレッスンを通して、言葉が溢れだすことを楽しく感じることが出来るようにレッスンしていくことを心掛けています。

子ども達が楽しみながら英語をしゃべりだしちゃうってこと!?
実際に早速体験させていただきました。