子どもをバイリンガルにする方法

子どもをバイリンガルにする方法

子どもを日本語と英語のバイリンガルに育てるためには、子どもの脳の中で言語を司っている部分が完全に完成してしまわない年齢のうちに、英会話教室に通わせたりして英語という言語に触れさせることが必要です。子どもが親からある程度自立できて、言語を使って他人と意思疎通ができるのは4歳ごろ。子どもをバイリンガルにしたいと思っている家庭なら、4歳ごろに英会話教室に通わせるかどうかを決断することが必要です。

もっと小さいころからスクールに通わせてももちろんメリットはあります。しかし、効率的な学習ができるようになるのは4歳から。英会話教室に子どもを通わせようかなと考えているなら、4歳をきっかけに、週に1回のレッスンから始めてみるとよいかもしれませんね。

チェーン系の英会話スクールなら、楽しく学べて月に5000円程度で通えるスクールもたくさんあります。もちろん、通い始めていきなりバイリンガルになれるわけではありませんが、効率的に英語を学ばせたいなら、4歳ごろから教室に通わせ、教室で習った内容を家庭でおさらいして楽しむ、というスタンスで始めてみると良いかもしれませんよ。

4歳ぐらいで英会話教室に通い始めた場合、1年くらい通ううちに簡単な日常会話程度なら、英語で話せるようになる子どもが多いようです。意味から入ってきた英語を、脳の翻訳機を使わずに英語で理解して、英語でそのまま返すことができるので、英会話スクールをずっと続けなくても自然なバイリンガル脳を作ることができます。これはグローバル社会では大きなメリットですね。

 

コミュニティー英会話の英会話教室では子ども英語、英会話を楽しく学べることができます。
静岡県富士市の子ども英語、英会話教室の【コミュニティー英会話】

Leave a Reply