ほめる教育のポイント

ほめる教育のポイント

子供の力を伸ばすためには、褒める教育が大事です。さまざまな育児書でも、「お子さんをできるだけ褒めてあげて下さい」とか「褒めることで良い力が育ちます」といった言葉が語られています。しかし、実際にお子さんを育てている保護者の方には、「どうやって褒めるのが正しいのかわからない…」と悩むケースも多いのです。たしかに、褒めるといってもいろいろな方法があります。また、むやみに褒めても良い結果がうまれるとは限りません。

ひと昔前は、「褒める」よりも「叱る」ことに重きがおかれていました。しつけをするには、間違ったことをした時に叱ることが大事だとされていたのです。もちろん、間違った時には正しい道に導いてあげなくてはいけません。しかし、教育の場では、叱ることで子供が委縮してしまうことがよくあります。学ぶという面からすると、褒めるほうが良い効果をもたらすのです。でも、褒める時のポイントがあるので要注意です。

児童心理学の研究者によると、「できる能力を褒める」のではなく、「努力を褒める」ことが大事だといいます。「できる能力」だけに注目していると、子供は結果に注目してしまいます。そして、確実にできること以外、取り組まない傾向が強くなるのです。つまり、失敗を恐れて、チャレンジしなくなるわけです。反対に、努力を褒めあっれていると、子供はどんどん新しいことに取り組むようになります。「努力を褒める」ことで、自分に自信をつけてあげることができるのです。

 

コミュニティー英会話の英会話教室では子ども英語、英会話を楽しく学べることができます。
静岡県富士市の子ども英語、英会話教室の【コミュニティー英会話】

Leave a Reply